猫背に関わる症状と改善方法

猫背で呼吸が浅くなる理由とは?

こんにちわ。

理学療法士の中北貴之です。

本日は、お客様からもご相談を受ける事が多い「呼吸」についてお話していきたいと思います。

私達は、日頃から無意識に呼吸を行っている為、なかなか自分の呼吸の乱れなどに気が付かないですよね。

しかし、ふとした瞬間に、私って呼吸が浅くなっているかも?と感じ、調べていくうちに「猫背が原因なのではないか?」と、猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」へお越しになられる方も多くいらっしゃいます。

肺は自ら膨らむことが出来ない

まず、呼吸に関わる部位を考えていくと「肺」が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?

肺の部分で、外から入ってきた「酸素」と体内で生み出された「二酸化炭素」を交換しており、これを専門的には「外呼吸」と呼びます。

その為、「肺」は呼吸において重要な部分ではありますが、肺は自ら膨らんだり、縮んだりすることが出来ないんですね。

それでは、呼吸において何が大切なのか?というと、「呼吸筋」と呼ばれる筋肉と「肋骨」の動きがとても重要です。

呼吸筋と横隔膜

呼吸に関わる筋肉を「呼吸筋」といい、最も重要な役割をする「横隔膜」や肋骨の間にある「肋間筋」、「腹筋群」などが上げられます。

横隔膜や肋間筋というと耳慣れない方もいるかと思いますが、焼肉でいうと横隔膜は「ハラミ」にあたり、肋間筋は「スペアリブ」などで食べている部分になります。

そして、呼吸をする際に補助的に働く筋肉を「呼吸補助筋」と言って、首や肩周りの筋肉がそれにあたります。

呼吸筋の中で、最も大切なのは、コチラのブログでも何度か登場している「横隔膜」になります。

自然に息を吸うとき、約70~80%は、この横隔膜の働きによるものです。

呼吸

呼吸に最も大切な横隔膜と猫背

横隔膜という筋肉は、主に肋骨や腰の背骨に付着をしています。

筋肉には、最適な長さというものがあり、筋肉は骨から骨に付着をしていますので、骨の位置が変わる。横隔膜で言えば、肋骨や背骨の位置や形が変化をすると、そこに付着をしている筋肉の働きにも影響を及ぼします。

現代人の猫背というのは、横隔膜が付着をする、腰の背骨が過剰に反り、肋骨も前に突き出す様な姿勢になっている為、横隔膜の機能低下が起こります。

猫背になると、息を吸う機能の70~80%を占める横隔膜の機能の低下を引き起こしますので、ふとした時に、上手く呼吸が出来ない感覚や浅いと感じる方も多い事と思います。

猫背は肋骨の動きを妨げる

そして、呼吸において、肋骨はアコーディオンのふいごの役割を担っており、息を吸った時に肋骨が拡がり、息を吐いた時に肋骨が閉じる様になっていますが、それによって胸腔と呼ばれる肋骨の中の空間が拡がったり、閉じたりすることで、肺の中の圧力が変化をし、外から空気が流れ込んできます。

その為、肋骨の動きが悪くなると、上手く息を吸ったり、吐いたりすることが難しくなりますが、猫背の方というのは、先述の様に、肋骨を前に突き出す様な状態で固まってしまっている為、横隔膜の機能だけではなく、肋骨の動きも制限をされてしまうことにより、呼吸が浅くなりがちです。

猫背で呼吸が浅いと感じた時の改善エクサイズとは?

猫背になり、呼吸が浅いと感じた時は、以下のエクササイズをお試しくださいませ。

肋骨の弾力性を高めながら、背骨や肋骨、骨盤を本来の位置に戻すことで、横隔膜や肋間筋の機能を高め、呼吸が行いやすい状態を創っていきます。

ペルビックティルト

ローオブリークサイドリーチ

ローオブリークツイスト

ベリーリフトニーアップ

呼吸の改善はもちろんのこと、猫背の改善にも効果的なエクササイズになっていますので、ぜひお試しくださいませ。

 

 

ABOUT ME
中北貴之
中北貴之
理学療法士/imok Technical Director/大手フィットネスクラブにて活動後、痛みを抱えているお客様をサポート出来る様になりたいと、理学療法士の学校へ進学。卒業後は理学療法士として整形外科クリニックへ勤務。理学療法士として活動をしながら、トレーニングやコンディショニングの学びを続け、2018年4月よりimok株式会社へ参画。治療からコンディショニング、パフォーマンスアップまでを行えるコンディショニングコーチとして幅広く活動中。