fbpx
猫背を予防するための豆知識

猫背の予防にはお散歩が効果的!?

こんにちは。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」神楽坂展マネジャーの檜森です。

さて、皆様は散歩をしますか?

健康との関わりで、散歩をすることがオススメと取り上げられたり、山登り人口が増えたり。近年では、スマートフォンやデジタルデバイスと連携させることで、日頃の歩数を数値化するサービスや、スマートフォンゲームも歩数と連携するなど、歩くことを通した健康増進が進んでいます。

こうした歩くことは、実は健康だけでなく、猫背の改善や予防にも非常に重要です。

今回は、「散歩」を通した猫背改善や予防に関してお伝えしていきます。

姿勢が崩れる原因は?

姿勢や全身の筋肉などを司るのは、身体の中枢である「脳」によってコントロールされています。脳が働くために重要なことは以下の2つです。

  • 全身にある、感覚のセンサーに刺激を入れる
  • 脳が働くための栄養や酸素をしっかりと摂る

こちら猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」のホームページ内、様々なところで、猫背に成る原因を書かせていただいておりますが、現代の猫背になる原因は

  1. スマートフォン、デジタルデバイスの普及
  2. 活動量、運動量の減少

主に2つが挙げられます。

また、生活がより便利になることで、適切な栄養が摂れていなかったり、世界と比較しても極端に短い睡眠時間もその影響となるところがあります。

より詳しい記事はこちら

お散歩が効果的な理由

さて、それではなぜお散歩が猫背の改善や予防に効果的なのか。

ここまでお読みいただければ、何となく理解できている方もいらっしゃるかと思います。

歩行は言わずもがな、全身運動です。地面の変化だけでも、様々な筋肉がそれに適応しながら動作を行うことで、筋肉に存在しているセンサー(筋紡錘やゴルジ腱)が働きます。それだけでなく、腕を振って歩くことで、自然と背骨や骨盤が動きが引き出され、関節に存在するセンサーも無意識化で働きます。

上述したように、1日中スマートフォンやデジタルデバイス、パソコンとにらめっこしていては、関節も指や肘、せいぜい肩の関節ぐらいになりますので、刺激量としてはだいぶ差がつきそうですね。

また、感覚のセンサーは様々ありますが、日頃皆様も身近な「五感」も立派な感覚センサーです。見たり、聴いたり、味や匂いを感じたり、触れてみたり、といった刺激ですね。

こちらも1日中座り、周りをシャットダウンするようにゲームをしていると、様々なセンサーを阻害することになります。そうした日常は、身体のセンサーを不活性化させ、それが過剰なストレスを生み、どんどん身体が緊張して、肩や胸が閉じたような姿勢に変化させます。

対してお散歩は、自然と周囲の風景や音、匂いが場面場面で変化します。こういった刺激を脳にたくさん与えることで、自然と肩や胸が開き、呼吸もしやすい状態へと変化します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近では、小さな子どもたちの周りでも姿勢が崩れるような環境が増えてきています。外で遊べるような公園や道具が減り、子どもたちの遊びは屋内でゲームをするなど、身体を動かす時間だけでなく、環境も減ってきているというのが現状です。

ますます猫背になるような環境が出来上がっていきますが、自分の身体をコントロールできるのは自分だけです。ぜひ日頃のお散歩をオススメします!

 

さて、気づいたら、こちらの記事を作成している間に1時間が経過しました。

お散歩へいってきます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

檜森雄太

ABOUT ME
檜森雄太
檜森雄太
猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」神楽坂店マネジャー/所属大学のソフトボール部にてトレーニング指導を開始。卒業後、大手フィットネスクラブにて、運動に興味のある方への指導にあたる。並行し、中学生の野球クラブチーム、私立高校野球部にてジュニアアスリートのトレーニング指導を行い、全国大会2年連続での全国大会出場や全国準優勝などを経験。 フィットネス分野で活動していくにつれ、健康産業における都市部と地方の大きな格差を感じる中、「日本や世界中にI am OK You are OKな人を増やす」という企業理念に賛同。2015年1月より『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』に参画する。