猫背の改善方法

ハーフニーリング&インライン

猫背を改善するエクササイズ「ハーフニーリング&インライン」

今回ご紹介する猫背を改善するエクササイズは、「ハーフニーリング&インランイン」というエクササイズです。

簡単にいうと、片膝立ちの状態で姿勢を維持するエクササイズになります。
体幹の安定性の向上や股関節の安定性の向上が見込め、綺麗な姿勢を維持する為のエクササイズとなります。

片膝立ちの状態は、立位姿勢の状態に近く、普段生活する上で私たちの体にかかる重力もそのままかかります。

私たちは常日頃から重力の影響を受けており、常に重量に抗って立っています。

仰向けのエクササイズや横向きのエクササイズとは違い、普段と変わらない重量下で姿勢を保つことは、立位姿勢を保つ力にもなります。

それでは、エクササイズを確認していきましょう。

【やり方】

・両膝立ちになります。
・片方の足を膝が90度になる角度に前に出します。
(ももの付け根、膝、足首が一直線になるようにします)
・支えてある方の膝、骨盤、肩、頭が一直線になる位置でキープします。

ここまでが「ハーフニーリング」です。

続いて「インライン」です。

・ハーフニーリングの姿勢の状態から前に出した足の位置を後ろの足と一直線になる位置にします。
(横から見ても正面から見ても一直線になります)
・その姿勢でキープします。

【目的&効果】

・体幹部の安定性の向上
・股関節の安定性の向上

  • 膝の位置よりも骨盤の位置が前方に出てしまう。

普段からスウェイバック姿勢(足に対して骨盤が前方に移動した姿勢)をしていると、体はその状態が正しい状態だと記憶してしまいます。
この膝立ちの時にも普段の姿勢が出てしまい、骨盤が膝の位置よりも前方に出てしまう方がほとんどです。
思っているよりもお尻の位置は後ろだと思って、まっすぐにしましょう。

  • 体をガチガチに固めてしまう

片膝立ちでバランスが保てず、不安定な状態を立て直す時に、体をガチガチに固めて姿勢を維持する方がいらっしゃいます。
手に力が入ったり、肩に力が入りすくんだりなど。

普段そのような状態を取らないのと同様に、このエクササイズでも姿勢は維持しつつ、リラックスできている事が理想です。
手を自然に上げられる事ができるぐらいで支えましょう。

【エクササイズのポイント】

まずは、ハーフニーリングの状態を維持できるようにしましょう。
その後、インラインの姿勢を取れるようにして、レベルアップしましょう。

ABOUT ME
古城奈々絵
古城奈々絵
Reformer for Motor Learning Speciailst/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」横浜店マネージャー/トレーナー養成専門学校卒業後、福岡の整骨院に勤務。主に学生アスリートへのけがの治療や競技復帰のためのリハビリトレーニングを行い、 高齢者の方までの体のケアを行う。2014年4月より「世界中にI am OK You are OKな人を増やしたい」という、オーナーの熱い思いに賛同し、imokに株式会社に参画。現在はReformer for Motor Learningのスペシャリストとして活動すると共に、スタジオのマネジメント、講演のアシスタント講師やメディア監修など幅広く活動。