猫背に関わる症状と改善方法

ストレッチポールを活用した肩こりの改善

こんにちわ

デスクワークを長く行っていると、肩回りがバキバキに張って辛いという方は多いのではないでしょうか?

本日は、ストレッチポールを活用した肩こり改善エクササイズをご紹介させて頂きます

ストレッチポールを持っているけれど、ホコリを被ったままになっている方は、意外に多いかと思いますので、ぜひお試しくださいませ

まずはストレッチポールに寝るだけでOK

まず肩こりを改善するポイントとしては、身体を動かす事を習慣化することが大切ですが、定期的に運動を行うのは、最初はハードルが高いかと思います

その為、まずはお風呂上りなどに、ストレッチポールに寝る所から始めてみてくださいませ

自宅でデスクワークをされている方は、1時間ごとに立って伸びをするか、ストレッチポールに寝るかといった感じで、活用して頂くのもおススメです

お尻から頭までがポールにのる様にし、そのまま以下の写真の様にリラックスした状態で、5~10分程度寝るだけでOKです

 

足は軽く開き、両腕も軽く開いて、安定した状態が基本の姿勢になります

腕を写真の位置まで開くと、胸の筋肉が張って辛い方や肘が空中に浮いてしまう方は、肘が浮かない範囲まで拡げていきましょう

ストレッチポールに寝ると痛みや痺れが出る方、日頃病院に通われている方や骨粗鬆症、妊娠中の方などは、安全の為、医師に相談の上で行う様にお願いします

これからご紹介させて頂くストレッチは、健康面に問題が無く、痛みなどが無い方を前提に記載させて頂きます

骨盤から背骨を動かす

肩こりを考えていくと、肩甲骨の周りから首にかけて付いている、僧帽筋という筋肉や肩甲挙筋という筋肉のあたりに、コリや張りを感じる方が多いと思います

肩甲骨は肋骨の上にのっている骨であり、その肋骨は背骨にくっ付いている骨になりますので、肩こりだからといって肩だけにアプローチをするのではなく、背骨や肋骨、肩回りと全体的に動かしていく事が重要です

仰向けに寝た基本の姿勢から、ゆっくりとお尻を持ち上げていきます

お尻の筋肉を鍛える為に行う訳ではありませんので、5~10㎝程度お尻を浮かせるイメージで行ってみて下さい

余裕がある方は、骨盤から動かし始め、背骨が1つずつポールから剥がれていく様な感じで行うと、より効果的です

肋骨を捻って弾力性アップ

次に肩甲骨の土台となる、肋骨周りの弾力性を高めていきます

デスクワークが続くと、どうしても背中から胸周りにかけて固まり、血流も悪くなりがちですので、ゆっくりと肋骨を捻る様に動かすことで、肋骨周りの筋肉を緩めると共に、肋骨の弾力性を高めていきます

先ずは大きく前へならえをし、左で右の手首をつかみます

そして、息を吐きながら、ゆっくりと上半身を左に捻り、下半身は軽く右へ捻ります

手を持ち替えて、ゆっくりと交互に5回くらい動かしていきましょう

肩甲骨を動かして血流の改善

そして、最後に肩甲骨の周りをゆっくりと大きく動かします

肩甲骨には多くの筋肉が付着していますので、肩甲骨を大きく動かすことで、そうした肩甲骨に付着する筋肉も伸び縮みし、血流の改善にも繋がります

両手を肩にのせ、肘で円を描く様にゆっくりと5回回します

時計回りに5回、反時計回りに5回という感じで、気持ちよく回していきましょう

3つのエクササイズを行うだけでも、背中から肩回りがスッキリしていきますので、肩がこったと感じる時や、毎日のお風呂上りなどにお試しませ

そして、少しずつ身体を動かす事が習慣になり、余裕が出てきた方は、ストレッチポールのエクササイズを行った後に、以下のエクササイズも行って頂けると、更に効果的になります

ストレッチポール後に行いたいエクササイズ

肩こりだけは無く、姿勢の改善にも効果的なエクササイズになりますので、余裕がある方は、ぜひお試しくださいませ

まずは日々の生活の中で、出来る事からはじめていきましょう!

 

ABOUT ME
小林俊夫
小林俊夫
imok株式会社(アイモック)代表取締役/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」代表。  トレーナーとして活動をしながら2008年、2009年にアメリカへピラティスの研修を受けに行き、マスタートレーナーの認定を取得。その後、2010年に医療系国家資格を取得。  現在はスタジオの経営、メディアの監修及び出演、全国での研修及び講演、ピラティスリフォーマーの製造及び販売をしながら、姿勢&機能改善、パフォーマンスアップ専門のトレーナーとして、世界中に「I am OK You are OKな人」を増やす為に活動中。