猫背の改善方法

ピラティスチェアによるキレイな足創り

スタンディングレッグパンプス

こんにちわ

トレーナーの小林俊夫です。

日頃、「足」について、お悩みを抱える方は多いのではないでしょうか?

そんな方におススメなのが、ピラティスチェアを活用したエクササイズになります

ピラティスチェアとは

ピラティスチェアとは、ピラティスに使用される器具の1つであり、名前の通り「椅子」の形をしています。

元は、ピラティスの創始者である、ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス氏が、小さなアパートに住むクライアントの為に、自宅で使用する椅子を改造し、エクササイズが行える様にしたと言われています。

椅子に座るに様に座面に座り、ペダルに足をのせて股関節を動かしたり、寝た状態でももの裏の筋肉やお尻の筋肉を刺激したり、立った状態で下半身の筋力を強化したりなど、幅広い使い方が出来ます。

足の歪みは身体の歪み

様々な使い方がある中で、特におススメなのが、「足」の矯正です。

足は片方だけで26個の骨により構成されていて、2つ合わせると52個と、全身の骨の約25パーセントが集まっています。

そして、骨が多いという事は、関節も多いということですが、この骨や関節の位置がズレてしまっている方を多く目にします。

例えば、学生の頃に体育や部活で捻挫をして、そのまま大人になった結果、足の骨の位置がズレて、本来あるべき足のアーチが失われてしまっていたり、日頃、ヒールを履く機会が多い事で外反母趾になっていたり、足首の動きの低下をもたらします

足は建物で言うと土台にあたりますので、足が本来の形から崩れる事で、その上の膝や骨盤、背骨なども歪みが生じ、全体の姿勢が歪んでしまったり、膝の痛みに繋がることが!

ピラティスチェアが効果的な理由

足の改善を考える場合、大切なポイントはどこかというと、踵の骨である「踵骨(しょうこつ)」と呼ばれる骨と、その上にのっている「距骨(きょこつ)」という骨。

この2つの骨が構成する関節を「距骨下関節(きょこつかかんせつ)」と言いますが、この関節の位置がズレると、足のアーチが潰れたり、膝や股関節にも大きな影響を与えます。

その為、この距骨下関節の位置を改善する事が、足の矯正において重要なポイントになりますが、ピラティスチェアは、こうした関節の矯正に効果的。

それでは、なぜ効果的なのか?というと以下の3つが主なポイントです

  1. ペダルの角度を利用して、物理的に踵の骨を位置を矯正出来る
  2. 足のアーチを保つ上で重要な筋肉である「後脛骨筋(こうけいこつきん)」と「腓骨筋(ひこつきん)」や「足部内在筋(そくぶないざいきん)」と呼ばれる筋肉群の活性化に効果的
  3. 足の裏のセンサーを活性化することで、自分が現在どうなっているのか?を脳が理解しやすくなる

 

キレイな足を創る矯正エクササイズ

 こちらの「レッグパンプス」というエクササイズは、膝を曲げた状態で、つま先立ちの様な状態になり、脚を動かしているだけに見えますが、じつはこれによって「後脛骨筋」や「腓骨筋」の活性化に効果的です

この2つの筋肉が活性化をすることで、「クロスサポートメカニズム」と言って、足のアーチを引き上げる効果が高まります

スタンディングレッグパンプス

更には、こうして立って行う事で、軸足の「足部内在筋」が活性化をされ、更に足のアーチを引き上げ、足本来の形を取り戻してくれます

その為、ピラティスチェアを使ったレッスンが終わった後は、むくみの解消もあわさり、靴がブカブカに感じる方も多くいらっしゃいます

座ったり、掴まったりしながら出来る為、誰でも安全に行いやすいのも魅力です!

「きゃっとばっく」には、各店舗に設置されていますので、足元から姿勢を矯正したい方は、ぜひお待ちしております

 

小林俊夫

 

 

 

 

ABOUT ME
小林俊夫
小林俊夫
imok株式会社(アイモック)代表取締役/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」代表。  トレーナーとして活動をしながら2008年、2009年にアメリカへピラティスの研修を受けに行き、マスタートレーナーの認定を取得。その後、2010年に医療系国家資格を取得。  現在はスタジオの経営、メディアの監修及び出演、全国での研修及び講演、ピラティスリフォーマーの製造及び販売をしながら、姿勢&機能改善、パフォーマンスアップ専門のトレーナーとして、世界中に「I am OK You are OKな人」を増やす為に活動中。