fbpx
きゃっとばっくについて

研修【栄養2】

今週の研修【栄養】

前回に引き続き、川合智先生に栄養の研修をしていただきました。

 

今回のゴールは、「栄養療法のスタートに立つこと」

血液検査結果を見て、その方の現在の身体の状態、さらに、症状を改善させるために必要なことを読み取る練習を行いました。

 

一般的に行われる血液検査では異常が見つからなくても、身体の不調を抱えている方は数多くいらっしゃいます。

だからこそ、カウンセリングでその方の悩みを伺い、血液検査結果と照らし合わせ、症状改善の糸口を探っていきます。

たとえ、血液検査では基準値内で異常がなかったとしても、数値から読み取れることがあります。

例:鉄

一般的には、ヘモグロビン量が貧血の診断で使われます。

ですが、体内の鉄にはヘモグロビンとは別に、貯蔵鉄(フェリチン)というものがあります。

この貯蔵鉄が減っている状態でも、めまいや立ち眩み、頭痛等、いわゆる貧血の症状が起こります。

血液検査の結果で、貧血との診断でなかったとしても、鉄が不足している可能性は十分に考えられます。

というより、生理のある女性は誰でも、貧血の症状が現れてもおかしくありません。

 

 

例:コレステロール

血液検査での主要項目であり、数値を気にされる方も多いであろうコレステロール。

コレステロール値上昇の原因として、下記のことが考えられます。

・血管の細胞膜に損傷がある

・過剰な糖質摂取や細菌感染、口呼吸等による慢性炎症がある

・常にストレスに晒されている

・更年期や閉経後、また卵巣摘出後

すると、このコレステロール値を下げるには、上記を解決する必要があります。

 

さらに、健康診断で高コレステロールのため、食事改善を勧められることも多いかと思います。

ですが、コレステロール値は、食べ物にはあまり左右されません。

というのも、コレステロールが、食物の摂取によって作られるのは、全体の20%程、あとの80%は肝臓が合成しています。

 

このように、検査結果で異状なしと言われてしまうと、自分が感じている症状の原因がわからず、改善策もわかりませんよね。

そういった方のお悩みが改善されるよう、栄養からのサポートができる環境を目指していきます。

 

さらに学びを深め、皆さまに有益な情報をお届けできればと思います。

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

千野ひとみ

ABOUT ME
千野ひとみ
千野ひとみ
幼少期から空手道をはじめ、インターハイ、国体強化選手として長期に渡り活動。 総合フィットネスジムでフロント業務に携わり、悩みを持ちながら、運動への意欲を持つ方々に出会い、トレーナーを志す。 トレーナー活動を始め、運動の目的やご自身の身体の状態等、改めて一人一人に合うトレーニングは異なることを実感。 2018年4月より「世界中にI am OK You are OKな人を増やしたい」という、オーナーの熱い思いに賛同し、猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」に参画。