猫背の原因

猫背の方はハムストリングスが使えていない? もも裏の筋肉と猫背になる身体の仕組み

猫背になってしまう原因の一つとしてあげられるのが、太もも裏側の筋肉の弱さ。

 

太もも裏側の筋肉はハムストリングスと言われます。

 

ハムストリングスは、猫背を改善する上でも、猫背になる身体の仕組みを理解する上でも非常に重要な筋肉の一つです。

 

今回は、ハムストリングスが使えていないことによって起こる猫背のメカニズムについてお伝えしていきます。 

 

ハムストリングとは?

 

ハムストリングスとは、太もも裏側の筋肉になります。

 

スポーツ選手では、よく肉離れを起こしたりしている現場を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

スポーツを行う上でも、ハムストリングスが使えているかは重要なことになりますが、姿勢の改善や良い姿勢の維持のためにも、ハムストリングスは重要な筋肉の一つになっています。

 

そして、このハムストリングスは骨盤にくっついています。

 

骨盤は人間の姿勢の土台。

 

その土台にくっついている筋肉になりますので、良い姿勢を作るためにはハムストリングスをうまく使ってあげる必要があるのです。

 

さて、骨盤の復習から行いましょう。

 

骨盤は、2つの寛骨と仙骨の2つで成り立っています。

寛骨が仙骨を挟み込むような形で位置しておりまして、仙骨は人間の姿勢をかたどっています脊柱(背骨)につながっています。

 

そのため、寛骨も仙骨も正常な位置よりもずれてしまうことによって、姿勢が崩れてしまうのです。

 

そして、このハムストリングスは、骨盤の中でも寛骨の座骨にくっついています。

 

寛骨はさらに3つに分類することができまして、座骨、恥骨、腸骨に分かれています。

 

最も下にある突起が座骨になりまして、この座骨にハムストリングスはくっついているわけです。

 

ハムストリングスが力を発揮しますと、骨盤の下側を引っ張るような働きがあるということですね。

 

そして、このハムストリングスは、3つの部位に分かれておりまして、外側1つを大腿二頭筋(だいたいにとうきん)、内側の2つを半腱様筋(はんけんようきん)と半膜様筋(はんまくようきん)と言います。

 

これら3つの部位は、それぞれ膝やスネの骨にくっついておりますので、骨盤と同時に膝やスネの動きにも関与しているのです。

 

  

ハムストリングスと猫背の関係性

 

それでは、どうしてハムストリングスが猫背と関係するのか。

 

まずは、良い姿勢の基本についてお伝えします。

 

人間の姿勢は骨盤とそこから連なっている背骨によって形作られます。

 

その背骨に肋骨という鳥かごのような骨もくっついているのですが、今回は背骨と骨盤をメインに考えてみましょう。

 

背骨は、腰椎、胸椎、頚椎(と仙椎・尾椎)というようにそれぞれ位置付けられていて、腰椎は軽く反っており、胸椎は後ろへ丸まっていて、頚椎は滑らかに反っている形状をしております。

背骨がついている骨盤には目印となるポイントがあり、前側のポイントを上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)と言い、後ろ側のポイントを上後腸骨棘(じょうこうちょうこつきょく)と言いまして、これら二つを結んだラインが、地面に対してどれほどの角度をなしているのかによって、背骨の反り具合や丸まり具合もある程度はわかってきます。

 

成人日本人の正常な角度は、前に10~15度前後傾いていると言われています。

 

しかし、最近の研究では、骨盤の角度は背骨に影響があるかどうかわからないと言われていますが、少なからず関係している部分はありそうです。

 

例えば、骨盤の角度が15度よりもきつい場合には、腰椎の部分が通常よりも反りすぎてしまうかもしれません。

 

この場合には、腰椎が過剰に反りかえるあまり、代わりに胸椎がさらに丸みを増して猫背になってしまうか、もしくは頚椎付近の丸まりが強くなり、反りがなくなってしまう可能性があります。

 

特に、現代人の若い女性は、上記のように骨盤が過剰に前に傾き、腰が反った姿勢が多いように見られます。

 

上記を改善するために重要な筋肉がハムストリングスということです。

 

 

ハムストリングスは、骨盤でも最も下にある座骨にくっついていますので、骨盤を下側から引っ張ります。

 

そうしますと、骨盤が過剰に前に傾いている場合には、後ろ側に引っ張って角度を緩やかにしてくれるのです。

 

角度が緩やかになるほど、腰椎の過剰な反りは減少し、元の正しい姿勢へと戻りやすくなります。

 

よって、骨盤が過剰に前に傾いていて、腰が過剰に反った反り腰タイプの猫背女性にとって、ハムストリングスの強化は重要になるのです。

 

 

ハムストリングス強化のためのエクササイズ

 

実際に、ハムストリングスをご自宅でも鍛えることができます。

 

道具なども必要ありませんので、是非とも実践してみてくださいね。

 

【エクササイズ】

ヒップリフト

 

①仰向けに寝て、両膝を90度前後に曲げます。

②足の幅を腰幅に開きましょう。

③踵とつま先の両方で地面を押し、骨盤の方からシールがはがれるようゆっくりとお尻~背骨にかけて持ち上げていきます。

④膝~肩まで一直線上になりましたら、再び背中を丸めながらゆっくりと元の姿勢に戻しましょう。

 

まとめ

 

 

ハムストリングスを上手に使えていないことにより、骨盤が過剰に前に傾き、反り腰タイプの猫背が出来上がります。

 

普段からデスクワークをしている方は、特に硬くなってあまり使えていない状態になっているハムストリングスです。

 

器具も何もいらないヒップリフトで、骨盤から猫背の根本を改善していきましょう。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
小林俊夫
小林俊夫
imok株式会社(アイモック)代表取締役/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」代表。  トレーナーとして活動をしながら2008年、2009年にアメリカへピラティスの研修を受けに行き、マスタートレーナーの認定を取得。その後、2010年に医療系国家資格を取得。  現在はスタジオの経営、メディアの監修及び出演、全国での研修及び講演、ピラティスリフォーマーの製造及び販売をしながら、姿勢&機能改善、パフォーマンスアップ専門のトレーナーとして、世界中に「I am OK You are OKな人」を増やす為に活動中。