きゃっとばっくについて

研修【パフォーマンストレーニング】

今週の研修【パフォーマンストレーニング】

「きゃっとばっく」では、パフォーマンストレーニングを実施しています。

私たちは、パフォーマンストレーニングを2つの観点から考えています。

・傷害&障害の予防

・パフォーマンスの向上

怪我をしていたり、動きの妨げとなるものがあっては、パフォーマンスは上がりません。

 

このパフォーマンスとは、「性能」を高めることです。

歩く、腕を上げる、物を持ち上げる、こういった動作も全てパフォーマンスと言えます。

アスリートに限らず誰にでも必要なものなのです。

 

日常生活を送る上でも、そしてスポーツパフォーマンスを上げる上でも、パフォーマンストレーニングは欠かせません。

 

筋生理学

筋肉は、ヒトの体重のおよそ40%を占める、生体内で最大の臓器です。

筋肉というと、身体を動かす時に重要で、力を発揮するものとばかり思いがちです。

ですが、受容器としての役割や内分泌などをはじめ、エネルギー代謝において重要な役割を果たします。

 

筋肉の役割

・身体を動かすエンジンの役割

・受容器&重力などに対する姿勢の維持

・熱の産生

・力学的ストレスからの身体の保護

・内分泌器官としての役割

実は、筋肉からは、数10種類の物質が分泌されています。

この物質の中には、身体の炎症を抑えてくれたり、アルツハイマー病の予防になるような物質も含まれています。

大きな力を出すためだけではなく、身体にはとっても大切なものなんです。

 

 

トレーニング

こういった知識を勉強した上で、実際のトレーニング研修も行いました。

 

女性の「脚を引き締めたい」という要望に対して、どんなトレーニングが有効か。

色々な方法で、内もものトレーニングを行いました。

 

なぜ筋力トレーニングが必要なのか、

そもそも、筋力アップとは何なのか、

「引き締めたい」という女性の要望のためにはどういった強度のトレーニングが必要なのか、

そういった問いの答えをしっかりと持ち、お客様の目的を叶えられるようにしていきたいと思います。

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

千野ひとみ

ABOUT ME
千野ひとみ
千野ひとみ
幼少期から空手道をはじめ、インターハイ、国体強化選手として長期に渡り活動。 総合フィットネスジムでフロント業務に携わり、悩みを持ちながら、運動への意欲を持つ方々に出会い、トレーナーを志す。 トレーナー活動を始め、運動の目的やご自身の身体の状態等、改めて一人一人に合うトレーニングは異なることを実感。 2018年4月より「世界中にI am OK You are OKな人を増やしたい」という、オーナーの熱い思いに賛同し、猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」に参画。